投稿

12月, 2014の投稿を表示しています

激動の12月もあっという間に

イメージ
皆さん、こんばんは。
あっという間に年の瀬です。
今年も残り後二日だなんて、なんだかちょっと信じられない気分です。
11月はノーヴォイスの上映会や高円寺北中テレビの映像ワークショップ、
新作映画の取材などで連日追われておりました。



最新短編映画「洗濯機は僕らを回す」もお陰さまでいろいろな映画祭でノミネートしていたり、
毎日が沢山の出会いを授かっておりました。

映画祭は、中野で行われました新人監督映画祭に於きまして、
拙作「ノー・ヴォイス」が男優賞に輝きました。
市瀬秀和さんの演技力が評価されましたこと、監督として大変嬉しく感じております。

栄えある第一回目、そして、自分が週の半分くらいは滞在している中野の場所で
こうして賞を頂けましたことは、本当に嬉しい経験になりました。
この感動を2015年も引き続き、映画の上映活動を続けて参りたいと
決意することができました!

12月は、来年に向けての新作映画の取材やロケハンで各地に出向きました。
まずは、2月にプロデュースする短編映画「Origami」では、
茅葺の家を探しに雪国をロケハンして参りました。
来年2月の撮影に先かげて、一昨日は、友情出演のゲスト俳優の方の
CGパート撮影を行いました。
スタンドインしているスタッフが抱きかかえている鶴は一週間で急遽作られた造形物。

プロデュース作品と並行して、監督作品を兵庫の赤穂で撮ろうと企画しております。
舞踊家の幸染さん、津軽三味線のJackさん、朗読の東優夏さん、
3名のコラボレーションで赤穂の町並みを魅力的に表現するショートフィルムを
来年手がけようと思っております。
赤穂との出会いは5月に行われたノー・ヴォイスの上映会でした。
地元の方の温かさに触れ、大好きな牡蠣をたらふく食べて、
一日で惚れ込んでしまい、この町で作品を撮りたいと思ってしまったのです。
来年撮影予定のこの企画は、現在クラウドファンディングfaavoを通じて、
支援者を募集しております。
赤穂から世界に発信する日本の伝統文化をテーマに作品を生み出します!
是非、皆様の応援を宜しくお願い致します。
https://faavo.jp/hyogo/project/442

2014年も残りわずかとなりましたが、沢山の感動と笑顔に出会えた年になりました。
皆様、どうぞ良い年をお迎え下さいませ!